安心で強い家|本八幡・市川市の不動産をはじめ船橋市・松戸市の不動産はお任せ下さい。

トップページ > 安心で強い家

安心で強い家

スーパーストロング構造体バリューimage

建築基準法の1.5倍「耐震等級3」相当の耐震設計を誇る
スーパーストロング構造体バリュー採用!!

「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。
建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、
この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は、
最高等級・建築基準法の
1.5倍の耐震性

※1「耐震等級3」相当とは、(株)LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、表示項目全てを評価した住宅性能表示制度による「耐震等級3」とは区別して表示したものです。

  1. 耐震等級1:極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性
  2. 耐震等級2:建築基準法の1.25倍の耐震性
  3. 耐震等級3:建築基準法の1.5倍の耐震性
  4. スーパーストロング構造体バリューでは、全棟で「耐震等級3」相当を実現しています。

耐震等級「3」相当の強さの理由

  • 壁が強い!

    スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

  • 床が強い!

    スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

  • 基礎が強い!

    スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

建築基準法では2階の形状に関わらず1階の壁の量や、床の補強方法及び基礎配筋の仕様は一定となります!
しかしスーパーストロング構造体バリューは建物形状に応じた強度計算&補強をするから強い!!

さらに、万が一の震災時も安心な耐震補償

万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、
最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。

耐震補償の期間

耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

※2スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件をもとに、建替え費用の一部を負担します。(現金での補償はいたしません)補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。

建築基準法の1.5倍の耐震設計10年間耐震補償付き住宅

耐震の「スーパーストロングバリュー構造体」+
制震の「プレミアムバリュー」。

プレミアムバリューの制震工法は、防災科学技術研究所、清水建設(株)、東京大学の三者で共同開発した“制震テープ”を建物全体にバランスよく分散配置施工し、家をまるごとダンパーにするまったく新しい工法です。地震エネルギーを熱エネルギーに変えて、地震の揺れを大幅に低減します。

建物の剛性、バランスを高める耐震等級3相当設計に、地震の揺れを吸収する 制震工法をプラスしました。大地震発生時、揺れを軽減し、住まいの損傷、 家具の転倒を最小限に抑えます。また、仮に住まいが大地震を数度受けたとしても、 耐震性能の低下を大幅に抑えることができます。

  • PREMIUM 1揺れ幅を抑え、
    繰り返しの地震に強い

    地震エネルギーを
    熱エネルギーに変えて
    吸収します。

  • PREMIUM 2建物の変形量を
    最大1/2に低減

    耐震効果で、耐震構造部分の
    釘や金具が緩みにくく、
    強度を失いにくくなります。

  • PREMIUM 3家全体が
    まるごと制震装置に

    揺れが小さくなるので、
    内装仕上げに大きな破損が
    出にくくなります。

※耐震保証を付加する場合は、スーパーストロング構造体バリュー及び、スーパーストロング構造体プレミアムバリューに加入し、別途申請費用がかかります。